自然な皮脂の分泌を促す為には

肌の乾燥対策として一般的に言われているのが、保湿。とにかく保湿。だと思います。洗顔後、化粧水を惜しまずにパシャパシャとつけ、そこで乳液で蓋をするという方法が現状一般的に言われているスキンケアだと思います。私も20代前半まで酷い乾燥肌と吹き出物になやまされていたので忠実にこのスキンケア方法を実践していました。

しかし、どの化粧水、乳液を使っても、ただ単に皮膚の上に異物の膜が覆っているだけで、乾燥肌自体が改善する気配などありませんでした。それでも、睡眠中に乾燥するよりはいいだろうと思っていましたが、今考えると浅はかでした。

その後肌の調子がドンドンと悪くなり、瞬きするだけでもファンデーションが目の周りのシワに入り込んでるのが分かるほどでした。そこで全てに嫌気がさし、突然、スキンケアのほほ全てをやめました。

洗顔は安い固形石鹸でバババっと洗うだけ。化粧水もつけず、うすーーく保湿クリームを軽く馴染ませるだけ。肌がひびわれたらどうしよう、という不安はありましたが、腹をくくって暫く続けていると思いのほか快適でした。

まず顔がベタつかないので髪の毛が顔につかない。徐々に顔から自然と皮脂が出てきて洗顔後30分後には肌がしっとりするようになりました。

安定した肌の状態になるまでに3年、このスキンケアを続けて10年ですが、どんなに高い化粧水でも、自分の肌にとって自分の皮脂以上に適した保湿剤など存在しないと強く思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *